自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経とは自分の意志とは関係なく、つねに身体の機能を調整している神経のことです。

手を動かしたりするのは意識をすればできますが、心臓を動かしたり、臓器を左右に動かそうとしてもできません。

この意識してもできないことは、すべて自律神経のおかげで維持できています。

自律神経にはリラックスしたときに働く「副交感神経」と、興奮したときに働く「交感神経」があり、この2つのバランスを保つことで健康を維持していますが、この神経が乱れると肩こり、冷え、不眠、頭痛、便秘、下痢、痺れ、動悸、息切れ、息苦しさ、不安感などの症状があらわれます。

自律神経失調症が起こる原因

自律神経失調症とはストレス(精神的・身体的)が原因となって、自律神経のバランスが乱れ、さまざまな症状があらわれます。

現代のストレス社会では、無意識に頑張りすぎてしまうことが多く、なかなかストレスに気付けない方も多くいらっしゃいます。

小笠原ハリニックの自律神経失調症治療とは? 鍼灸師であり柔道整復師でもある院長の私(小笠原)がご説明させていただきます。

鍼灸治療は、自然治癒力を高める治療法です。

本来、人間の体は悪いところがあると、自力で治そうとする力をもっています。

(これを自然治癒力と言います。)

鍼灸治療では、不調に効果のあるツボに刺激を与え、その人が本来もっている自然治癒力をひきだし、正常な状態に戻すように体に働きかけていきます。

マッサージやお風呂に入ったあとに「眠くなる」・・・一度はどなたにも経験があるのではないでしょうか。

実はこれは副交感神経がしっかりと働いている証拠です。

不調がある方の共通点は、体が緊張状態にあること!

緊張している体は、副交感神経がしっかりと働いていない状態ですので、まずは、そのかたい筋肉をしっかりとほぐしていきます。

当院では、全身の緊張した筋肉を緩めるために、特に脊柱周りの反応点やつぼ、神経を重視し、短期間での改善を実現しております。

筋肉の緊張感が改善されると、副交感神経もしっかりと働き、不調も改善されていきます。

当院では、自分でできるセルフケアまでお伝えすることにより、再発のない身体づくりを目指しています。

鍼治療って痛くないの?

当院で使うはりの直径はわずか、0.16~0.2mmほどです。

注射針の痛みを想像されて来られる方も多いのですが、鍼灸治療のはりは、注射針の約1/4の太さしかありません。

多くの患者さまから、「想像していた痛みと違う!」「痛くなかった!」という感想をいただいております。

まずは一度、お受けになってみてください。

自律神経失調症でお困りなら、自律神経症状専門の小笠原ハリニックにご相談ください。

東京都江東区大島3-1-16
都営新宿線「西大島」駅より徒歩2分
総武線「亀戸」駅より徒歩8分
TEL  03-5627-6600

 

 

 

もし、あなたが
うつ病不眠めまい自律神経失調症パニック障害
お困りなら今すぐお電話ください。

先着3名様限定割引!

予約多数のため残り2名様!

腰痛を本気で改善したい方は、今すぐお電話を!

メールでのお問い合わせ・予約はこちら

自律神経・メンタル症状を本気で改善したい方は、今すぐお電話を!

TEL:03-5627-6600

受付時間10:00~14:00 / 16:00~21:00

ご質問・ご相談はこちら

※当院は完全予約制の為、事前にお電話でご予約をお願いしています。(受付時間:10:00~14:00 / 16:00〜21:00)

※メールフォームからご予約は行えません。お電話からのみさせていただきます。

※メールフォームからのご質問・ご相談は24時間・年中無休で承っております。受付時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレス・お問い合わせ内容を入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。

タップするだけでお電話が繋がります!